このこのごはんとカナガンドッグフード(CANAGAN)を5つの項目で比較!

人気のドッグフードである「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を5つの項目で比較してみました。

ドッグフードを購入する際って、愛犬の健康のことを考えたり、お財布と相談したりでなにかと悩みますよね。

継続するために安いドッグフードを買ってみたら愛犬の口に合わなかったり、

口コミを見て少し奮発して高級ドッグフードを買ってみたら食いつきは良いけど経済的に厳しくなってしまったり。

お財布に優しくて愛犬の好みや健康維持に合うフードがどれなのか知りたいですよね。

今回は、ドッグフードを購入する際に基本となる「1.料金」「2.添加物」「3.原産国」「4.栄養」「5.粒の形状」を徹底比較しています。両方の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

どちらを買うか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を5つの項目で比較しました!

1.料金で比較 1枚の料金、配送料、まとめ買いなどの料金で比較してみました。
2.添加物比較 体に不要な添加物がどれだけ入っているのか比較してみました。
3.原産国で比較 どこの国で作られているのかで比較してみました。
4.栄養で比較 エネルギーやタンパク質、水分など健康維持に必要な栄養で比較してみました。
5.粒の形状で比較 大きさやウェットフードかドライフードかで比較してみました。

上記の5つの項目で、このこのごはんとカナガンドッグフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を料金で比較!

※税込み価格 このこのごはん カナガンドッグフード
1枚あたりの料金 3850円(1kg) 4708円(2kg)
まとめ買いの料金 3278円 1個4237円、2個で8002円、5個で18830円
配送料 850円(11,000円以上の購入送料無料、定期購入は初回送料無料) 704円(3袋以上購入で送料無料)

このこのごはんとカナガンドッグフードの気になる価格を比較してみました。

定期購入だと安くなることもあるので、1袋の価格と、定期購入の価格、公式から購入した場合の送料を調べました。

高ければ続けるのは経済的に厳しくなってくるので、価格が安い方が正直続けやすいですよね。

今回の比較では、1ヶ月分で考えるとカナガンドッグフードの方が安いという結果になりました。

1袋に2kgも入っているので5kgの子だと20日間ももつ計算になります。

2.「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を添加物で比較!

このこのごはん カナガンドッグフード
添加物 人工添加物不使用 人工添加物不使用

このこのごはんとカナガンドッグフードで、飼い主様が避けたい添加物がどれだけ含まれているか比較しました。

市販のほとんどのフードの中には添加物が入っており、それによって涙やけや髭やけの原因になることもあります。

そのため、できれば無添加を選びたいものです。

今回の比較ではどちらも人工添加物不使用の無添加という結果になりました。

なので、無添加のフードを探している方はどちらを選んでも問題ないでしょう。

3.「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を原産国で比較!

このこのごはん カナガンドッグフード
原産国 日本 イギリス

このこのごはんとカナガンドッグフードで、飼い主様が気になる安心した国で作られているかを比較しました。

国により審査基準が異なり、衛生面や鮮度や原材料が厳しい所とそうでないところがあります。

そのため、できるだけ厳しい基準で製造している先進国がりそうですよね。

今回の比較ではカナガンドッグフードの方が良いという結果になりました。

イギリスはペット先進国のため、安心して与えられます。

4.「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を栄養で比較!

このこのごはん カナガンドッグフード
代謝エネルギー 343kcal/100g 376kcal/100g
水分 10%以下 9%以下
タンパク質 21.3%以上 29%以上
脂質 8.2%以上 15%以上

このこのごはんとカナガンドッグフードで栄養面を比べてみました。

その栄養面の中でもカロリーやタンパク質、水分などは愛犬によって多い方がいいのか少ない方がいいのか別れてきます。

そのため、活発的な子犬や少食で細い愛犬にはカロリーやタンパク質が多いもの、あまり動かない老犬やダイエット中の愛犬にはカロリーや脂質が少ないものを選びたいですね。

今回の比較ではこのこのごはんのほうが健康維持には良いかなと思いました。

ですが、活発に運動をしている子や少食の子にらカナガンドッグフードで栄養を与える方がいいかもしれません。

5.「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」を粒の形状で比較!

このこのごはん カナガンドッグフード
粒の形状 円型の直径約8mm、厚さ3mmのドライフード ドーナツ型の直径約8mm、厚さ5mmのドライフード

このこのごはんとカナガンドッグフードで餌の形状を比較してみました。

フードは大きく分けてドライフードとウェットフードの2種類に別れています。

そして、ドライフードの中でも粒の大きさや形も違い、ウェットフードも形状によって与え方も変わってきます。

そのため、愛犬の好みや健康に合わせたタイプを選べるといいですよね。

今回の比較では、このこのごはんの方が食べやすいかなと思います。

カナガンのドーナツ型なので穴が開いてる分顎が弱い子でも噛み砕きやすいですが、このこのごはんは厚さが3mmと薄いので、超小型犬でも食べやすい薄さになっています。

「このこのごはん」をおすすめの方はこんな人!

  • 超小型犬
  • 国産のフードを求めている方
  • ダイエット中の子
  • 涙やけや髭やけに悩んでいる方
  • 愛犬のニオイが気になる方

このこのごはんはフードが小さく、超小型犬でも食べやすいサイズになっているので超小型犬におすすめです。

そして、国内産の無添加ドッグフードなので涙やけや髭やけに悩んでいる方にもおすすめできます。

エネルギーやタンパク質も高すぎることもないので、体重維持やダイエットにも最適ですよ。

このこのごはんは、愛犬のニオイにアプローチした食材を使っているので、愛犬のニオイが気になる方も1度試してみてもいいかもしれませんね。

このこのごはんの公式サイトはこちら

「カナガンドッグフード」をおすすめの方はこんな人!

  • 顎の弱い子
  • 少食の子
  • 活発に運動をしている子
  • ペット先進国のフードを求めている方
  • 無添加フードを探している方

カナガンドッグフードは無添加でペット先進国のイギリスが原産国なので安心して与えることができます。

そして、栄養をしっかりとれるので少食の子や活発な子など栄養が必要な子にぴったりです。

カナガンドッグフードは形状が小さいドーナツ型なので顎の弱い子でも噛み砕きやすくなっているので、顎の弱い子や小型犬にもおすすめです。

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のドッグフード「このこのごはん」と「カナガンドッグフード」の違いを5つご紹介してきました。

このこのごはんは栄養バランスが良く、室内飼いの子や体重維持にもぴったりな高品質のドッグフードになっています。

それに対し、カナガンドッグフードは大型犬や活発な子でもしっかり栄養がとれるペット先進国の高品質ドッグフードになっています。

両方とも人気で良いところがあり、愛犬の好みや健康に合わせて選びたいですよね。

高品質な無添加ドッグフードは他にもあり、実際よく比較されているものでは「モグワン」と「カナガンドッグフード」なのです。

モグワンとカナガンを比較している記事も書いているので気になる方はぜひ見てください。

タイトルとURLをコピーしました